一般歯科

虫歯治療について

虫歯の進行状態

虫歯は進行状態によって4つの段階に分けられます。あなたの歯はどのタイプですか?セルフチェックしてみましょう。

CO(シーオー)

虫歯の中で最も初期の状態です。脱灰といって表面は溶けていますが、歯に穴は開いていません。フッ素を使用することで歯が再石灰化されます。この時点で発見されれば十分に進行を止めることができます。

C1

歯の表面部分であるエナメル質に穴が開いた状態です。痛みはありませんが放置すると進行します。必要に応じ、穴の部分を削って詰める治療が必要です。

C2

エナメル質からさらに進行し、その下にある象牙質に到達した虫歯です。強い痛みこそありませんが甘いものが染みることがあります。穴の大きさによっては、治療後型取りし詰め物を入れる必要があります。

C3

象牙質からさらに進行し、虫歯が神経に達した状態です。神経の入っている歯髄という部分に炎症を起こすために強い痛みを伴います。ひどい場合は、歯根膜にも炎症が波及し歯根膜炎となることさえあります。神経そのものにダメージが及んでいるため、歯を削るだけでなく神経を取り去る必要が出てきます。

C4

歯髄炎が続き神経そのものが荒廃してしまった状態です。痛みは少ないもの、炎症のために歯を支えている骨そのものもぐらつき、ひどい場合は自然に抜け落ちてしまうほどです。こうなる前に早めに治療を受けましょう!

当院の虫歯治療について

当院では、「痛くない治療」を心がけています。虫歯治療の際の痛みは、麻酔注射や歯を削るときのキーンといった痛みがほとんどです。これらは、丁寧に処置を行うことと、事前に声掛けをすることである程度軽減させることができます。また不安は痛みを増幅させますので、リラックスしていただくことが最も大切です。

当院では、声掛けを徹底し患者様が不安を抱かなくて済むような治療環境の提供を心がけています。

歯周病治療について

歯周病とは

歯周病は、歯そのものではなく歯を支える骨や歯肉が炎症を起こす病気です。不十分な歯磨きなどによって、歯垢がたまっていくと歯と歯肉間にある歯周ポケットという部分に炎症が生じるようになります。この炎症が歯肉内部に進むと、歯を支える歯根膜や歯槽骨という部分までダメージを受けるようになり、組織が破壊されてしまいます。最終的には、歯を固定する力が弱まってぐらぐらとするようになり、歯を失うこともあります。

現在、40歳以上の成人の約7割が歯周病にかかっているといわれています。しかし、歯周病の症状は初期ではほとんど自覚がないため、多くの人が無自覚のまま歯周病を進行させているということになります。

また最近では、高齢化に伴い歯周病と全身疾患との関わりも指摘され始めています。糖尿病や肥満・脳卒中・肺炎等の生活習慣病や高齢者に多い疾患の多くは歯周病との関連があるといわれています。これらの全身の疾患を改善するためにも、歯周病を早い時期から治療しておく必要があります。

当院の歯周病治療

当院の歯周病治療は、患者様の進行度合いに応じて異なりますが、患者様はセルフケアが十分できていないことが多いです。したがって、歯周病治療はブラッシング指導から入ることになります。正しいセルフケアを覚えていただき、毎日自宅で実践していただくことが何よりの歯周病予防につながります。

正しいセルフケアを行いながら、歯科医院にてクリーニングや歯石取りなどを行って歯肉の状態をよりよくしていきます。

contact_tel.png24時間予約システム
045-833-2216/WEB予約