歯を失ってしまった方へ

不幸にして歯を失ってしまった場合、いくつかの選択肢があります。当院では、患者様の希望に耳を傾け、患者様にとって最適な方法を提案いたします。正しい情報を得ていただき、患者様がより良い決断を行える手助けをいたします。

入れ歯

入れ歯は、歯を失った部分に人工歯を入れることで欠損を補う方法です。最大の利点は取り外しができることと、他の歯を削ったり手術をしたりしなくて済むという点です。 欠点として、笑ったときに見えてしまう、金属部分などが目立つという点が挙げられますが、当院では金属を用いないノンクラスプデンチャーも使用しております。 また「入れ歯をつくったけれどもあわない」という方は、他院でつくったものであっても当院では調整させていただいておりますので、あきらめる前にご持参くださるようお願いします。ほんのわずかな調整で驚くほど楽に使用できることもよくあります。

入れ歯は、歯を失った部分に人工歯を入れることで欠損を補う方法です。最大の利点は取り外しができることと、他の歯を削ったり手術をしたりしなくて済むという点です。
欠点として、笑ったときに見えてしまう、金属部分などが目立つという点が挙げられますが、当院では金属を用いないノンクラスプデンチャーも使用しております。

また「入れ歯をつくったけれどもあわない」という方は、他院でつくったものであっても当院では調整させていただいておりますので、あきらめる前にご持参くださるようお願いします。ほんのわずかな調整で驚くほど楽に使用できることもよくあります。

ブリッジ

ブリッジとは、失った歯の両側を支えにして欠損部分を補う方法です。ちょうど橋のようになっていることからブリッジといわれています。利点は、接着されているために入れ歯のように取り外すことがなく、ほかの人から見て全く分からない点です。また、自然にほぼ近い噛み心地が得られる点もメリットです。

欠点は、両側に歯がないとできない点です。また、欠損が2歯以上の場合もお勧めができません。欠損部分を両側の歯で補うことになるため、両側の歯に一定以上の強度がないとできないことなどが挙げられます。「入れ歯はどうしてもいや」という方が選ぶことの多い方法です。

差し歯

差し歯とは、厳密に言えば歯を失った部分を補う方法ではありません。虫歯などの原因により歯を削らなくてはいけなくなった場合に行う方法です。被せものと同じ意味を持ちますが、差し歯というと主に前歯に対して使われることが多いようです。

ブリッジとの一番大きな違いは、差し歯の場合は歯の根が残っている点です。その根を支柱にして人工の冠をかぶせるのが差し歯です。

差し歯の素材は、健康保険適用のリーズナブルなものから、天然歯と同等またはそれ以上に見た目が美しい自由診療のものまでさまざまです。同じような処置ですが、差し歯とブリッジとでは歯の寿命が大きく異なります。

メンテナンスの重要性

「歯をなくしてしまったから、もう歯磨きはしなくてもいいだろう」というのは大きな間違いです。全歯欠損であっても、セルフケアに努め、口内を清潔に保つ必要があります。特に、現在歯を失った方というのはそもそも歯がダメージを受けやすい環境にあるということを意味し、今後もほかの歯が失われる可能性が強いのです。だからこそ、歯を失ってしまった人は定期的な予防検診やメンテナンスが欠かせません。

当院では、治療終了後も定期的な予防のための来院をお勧めしています。治療が終わったらもう歯科医院に通わないというのでは、問題を繰り返してしまいかねません。早めのメンテナンスが大切です。

他医院との違い

歯を失った場合いくつかの選択肢がありますが、当院の特徴として「決定権は患者様にある」というモットーが挙げられます。歯科医院によっては、患者様ではなく歯科医師側が決定権を持ち患者様を誘導する場合があるようですが、当院ではそのようなことは一切行いません。それぞれの方法のメリットデメリットをお伝えしたうえで、患者様本人に最終的な治療方法を選んでいただいております。

理由としては、やはり患者様本人の歯であるため、関心を持ってほしいという思いがあります。自分で選択するということは、自主性を持って歯に対して関心を持つということにほかなりません。そうすることが、ひいては日ごろから歯を大切にすることにつながると考えています。

contact_tel.png24時間予約システム
045-833-2216/WEB予約