口腔外科

口腔外科で取り扱う治療

親知らずの抜歯

親知らずは必ずしも抜歯しなくてはいけないというわけではありません。しかしながら、現代の食事事情により顎が退化し、歯が生えるスペースがなくなってしまった結果、隣の歯を圧迫したり、すべて生えきらずに痛みが出たり、虫歯の原因になったりするケースが増えてきています。このような場合は、抜歯をお勧めしています。
また一見正常に見えてもレントゲンを撮ると斜めに生えていたりすることもあるため、安易に判断せず、親知らずの抜歯が必要か否かは専門の歯科医師の判断を仰ぐべきでしょう。

当院では、診断の結果抜歯が必要と思われた歯のみ抜くようにしています。また、神経の走行などによって抜歯が難しいと思われたケースに関しては、近隣の口腔外科を紹介することもあります。

顎関節症

顎関節症とは、何らかの理由により顎の関節に負担がかかり続け結果として、口を開けるときに「ゴリッ」「ガキッ」といった音がしたり、場合によっては開口障害と言って口が開かなくなったりすることもある病気です。多くの場合痛みを伴います。ひどくなると首の凝りや頭痛、全身の不調を訴える方もおられます。原因は歯の噛み合わせや態癖、また歯科治療による咬み合わせのずれなどによっても起こります。

これまで顎関節症であることを知らずに、原因不明の頭痛や肩こり、全身の不調で悩んでいたという方が、顎関節治療を行ったら、あっという間にこれらの不快な症状から解放されたというケースもあります。一見、顎関節と頭部や頚部は関係ないように思えますが、骨格上つながっている部分が多く、したがって相互に影響を与えやすい関係にあります。アスリートの中には、顎関節がずれただけでこれまでのパフォーマンスがうまく出せなくなるという人もいるくらいです。それほど顎関節のバランスというのは我々の健康に大きく関与しているのです。

当院では顎関節の治療は、まずは生活指導から入ります。知らぬ間に顎関節に負担がかかる生活をしている人は多いものです。これらの生活習慣を改善するだけで半数近くの人が症状軽快をみます。それ以外の場合は、必要に応じてマウスピースを作成することもあります。また、一時的に消炎鎮痛剤を服用することで炎症が治まり、症状が消失することもあります。近年顎関節症で悩んでいる人の数は増えてきました。「口を開けると耳の前が痛い」「音がする」などの症状でお悩みの方は早めの来院をお勧めしています。

contact_tel.png24時間予約システム
045-833-2216/WEB予約